ご予約・お問い合わせ075-748-7508

075-748-7508

Pizza Cafe TakemuRaのピザ生地へのこだわり

Commitment to pizza doughピザ生地へのこだわり

本格石釜ピッツァ店やナポリのピッツェリア風のお店では、ほぼほぼイタリア粉を使用されている事が多いようです。

「ピザならイタリア粉、パンならカナダ粉がいい」と一般的にはよく耳にします。

本当に…イタリアで食べるイタリアンピザは美味しいですよね!イタリアピザ職人がイタリア生産食材を使いイタリアの気候に馴染んだ石窯で焼き上げるピザ…思わず「ヴォーノ!!(美味しい)」と叫んでしまいます。

しかし、ここはイタリアではありません。

この湿気の多い日本。
四季があり、ましてや、夏は暑く冬は寒い…
この京都では 京都の風土にあうものが、もっとあるのではないか?…と いうのが発端です。

私、竹村は「日本のピザ」の美味しさを求めてピザ修行の旅へ…(といえば当然ナポリですが、当然ながら私はナポリが目的地ではなく)当たり前に日本国内でピザ修行。
「ジャパニーズピザ協会」にて修業をいたしました!

2018年、協会としては誕生したばかりの、この「ジャパニーズピザ協会」から、特別に、ジャパニーズブレンドの粉「MUGI KUBOTA」を仕入れ、この京都にてジャパニーズピザを創作して参ります。

私の師匠がこのMUGI KUBOTAの開発者です。
ちなみに、MUGI KUBOTA粉のブレンド(配合)詳細は 企業秘密。国産小麦を20%配合とだけ公開。
その特別な粉を使い、生地にもソースや具材にもお出汁を隠し味として、上品に仕上げています。出汁マイスター兼、出汁ソムリエが抽出したお出汁。随所に、そのうまみ成分が潜んでいます。

そんな京都生まれのピザを、ここ京都で食べてくださいませ。

トップへ